日別アーカイブ: 2018年8月15日

涙腺ゆるゆる。

100回目の夏の甲子園・・皆さんは、どうたのしまれていますか?
実は私、この酷暑の中での球児達の・・しかも ここ福岡代表の沖学園の
選手達に とても感動しています。

内容は、皆様もご存知かもですが、試合中に動けなくなった相手選手へ思いやる
たった一人の行動力から始まり・・
次の相手校からの 倍返しの優しさを素直に喜び・・
ここぞとばかりの、1年生のソロ歌唱力と 団結力は、
その場にいなくても 心から拍手喝采です(うるうる)

勝ち負けでもなく・・
出番があるとかないとかでもなく・・
もう十分感激です。 ありがとうございました。

そしてもうひとつ。
終戦から 今年は73年目の夏を迎えました。
昨日は、ゆふの院デイサービスで 歌の会を開き、
いつの日かなくなってしまいそうな子守唄や鎮魂歌、
最後は、椰子の実・長崎の鐘まで、懐かしく唄うことができました。

生のピアノ伴奏は、ヘタですけどカラオケと違って
ゆーっくり唄えていいでしょう?!(たまには・ね)
お一人お一人の心の中から湧いてくる想いは、若輩者の私達にはわかりませんが、
女性陣は、涙をためながら その後も何度もくり返し唄っておられました。

高齢者施設に勤めて、改めて思うこと。
戦争はいいことなし!!絶対あってはならない、してはいけない! という事。
当たり前の事ですが、忘れないでいようと思います(祈)

    平成30年8月15日

カテゴリー: ゆふの院スタッフブログ | コメントをどうぞ