干し柿づくり 

日本人が大好きな柿です。
カリカリとか熟ジュクとか、色々好みもありますが、わたしはその中間の 
ジュワ~と味わえるのがいいです。

今日は、スタッフの一人から
「渋柿をたくさんいただいたので・・・」と、直径5㎝程の粒ぞろい
まんまるかわいい黄玉が 36個揃いました。(SBG36からの)
早速、その日の利用者さんに皮を剥いていただき、
別の方には、ヒモをつけて吊り下げてもらいました。
「ヘタがないとは どうするかいな・・・?」
「竹串でつなぐとかどうやろ・・・」
「そやね。」
・・・と、無事に全員ぶら下がって、あ、焼酎消毒も済ませて
今では、軒下にて風に吹かれていますよ。

これから毎日、ゆふの院デイサービスの方の声かけと、
ここを通る方々の視線を浴びて、
美味しい干し柿に育たなければなりません(キャ~プレッシャ~ HSG36へ)

またひとつ おたのしみができたところで
今日のところはこの辺で・・・・・つづく・・・・・

カテゴリー: ゆふの院スタッフブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です